動物のためのホリスティックケアサロン AMI☆

身体・心・魂・スピリット、、、真の癒しを動物(ペット・コンパニオンアニマル)たちへ♪

wht.jpg

HOME ≫ 【アニマルコミュニケーション】

アニマルコミュニケーション

人と動物たちの想いをつなげます

飼い主さまに代わって、
コミュニケーターが動物たちとお話させていただきます☆

このセッションは、直接動物さんをお連れいただいても構いませんし、
お写真を送ってくだされば、お話することができます。(遠隔)
セッション内容に変わりはありません。

また、亡くなった動物さんともお話することができます。
その場合は、お亡くなりになって、
少し落ち着かれてからお受けすることをお勧めします。



*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*
 
アニマルコミュニケーション
(※ショートセッションとして、
       オーラリーディング、アニマルヒーリング、必要であればカウンセリング込)

  ¥ 18000

*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*

 

◉事前に必要なこと(直接•遠隔セッション共通)
    これは、人と動物さんにとって、より良いコミュニケーションにするために、
    必要なことです。お申し込み時、もしくはセッションの日までに、
    お知らせください。

     1.動物さんの名前、性別、年齢(わかる場合は生年月日)、犬種
           ※保護した動物さんの場合はおよそで構いませんが、
               引き取られてからどれくらい経っているかもお知らせください。
           ※亡くなった動物さんの場合は、亡くなった日もお知らせください。

     2.一緒に暮らしている家族構成(人間も動物も)

     3.質問事項(5問以内)と動物さんにお伝えしたいメッセージ
            ※質問の仕方はとても重要になります。
               もし、特定の意図をもった質問の場合は、
               その質問の背景にある情報もあわせてお知らせください。
 
      より的確な回答がもらえるよう、
      セッション前に確認させていただく場合もあります。
 
 


★直接セッションの場合
     当サロンに、お話したい動物さんと一緒にお越しください。

     移動や新しい場所にストレスを感じてしまうような動物さんは、
     無理にお連れなさらない方がよいでしょう。

     コミュニケーターは、その動物と1対1で集中して無言でお話するので、
     飼い主さんと動物さんは、非常に暇な時間になります(笑)

     お話し終了後、飼い主さんに動物さんからの回答をお話いたします。
     その際、その内容を録音することも可能です。



★遠隔セッションの場合
    上記記載してございます『事前に必要なこと』と一緒に、
    動物さんのお写真(お顔と全身がわかるもの)を各1枚ずつお送りください。
   
    お話終了後、内容をレポートにして、お伝えいたします。
    メールでも郵送でも可能です。

    
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

セッションを受けて、自分も直接話したい!と、
アニマルコミュニケーション養成講座をご受講いただいた場合は、
応援価格として、受講料から1万円割引させていただきます。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
 



<補足>
質問の一例です。ご参考ください。
(番号でご指定いただいても結構です)

 1. 元氣?幸せ?
 2. 犬(またはその動物)でいるのは好き?
 3. 生活の中で楽しめることは何?
 4. 生活の中で嫌いなことは何?
 5. あなたの仕事ってあるの?あるならばそれは何?
 6. 何か言いたいことはある?
 7. 一番好きなおやつは何?
 8. 日中はどこにいるの?
 9. 好きな食べ物は何?
10. 嫌いな食べ物は何?
11. 痛いところや具合が悪いところはある?
12. いつ、どのくらい、その痛みはあるの?
13. どんな痛みなの?
14. 痛みを和らげるために、何かできることはある?
15. これまで試した方法で、楽になったものはあった?
16. なんでそれ(行動)をするの?
17. それが私にとって問題になるのはわかってる?
18. その行動を改善(変化)しようと思っている?
19. その行動を改善(変化)するにはどうしてあげられる?
20. なぜ、今の身体を選んでうまれてきたの?
21. なぜ、今の家族(または私)と一緒に暮らすことを選んだの?
22. 現世では何を学ぼうとしているの?
23. 何か私たちが手伝えることはある?