動物のためのホリスティックケアサロン AMI☆

身体・心・魂・スピリット、、、真の癒しを動物(ペット・コンパニオンアニマル)たちへ♪

wht.jpg

HOME ≫ CODE OF ETHICS

大切にしていること

アニマルコミュニケーターとして

0000065594.jpg
アニマルコミュニケーションにおける倫理規約
 
 
1.全てのコミュニケーションにおいて、先入観を持つことなく、関係する全ての人や動物に尊敬の念を持って接します。決して誰かを批判するためにおこなわれるものではありません。
 
2.誰にでも自分の主張があるということを理解し、それを自由に、正直に、誠実に、率直に明らかにする権利を尊重します。アニマルコミュニケーターとして、人と動物双方が意見を伝えあうための進行役、レポーター(報告者)、通訳となります。動物たちのメッセージを編集、修正、意訳、事実を粉飾、言い換えたりはしません。
 
3.アニマルコミュニケーションは、資格のある獣医による治療の代わりになるものではないことを理解し、病氣の診断や治療をするものではありません。しかし、動物の健康管理に携わる有資格者の人たちに役立ててもらうための情報を集めます。
 
4.動物たちはもちろん、手助けを必要としている人々に対する守秘義務を尊重します。コミュニケーションを行った動物の飼い主の許可なく、コミュニケーションの内容を他の人に明かしたりしません。
 
5.常に、全ての人や動物たちの最大の利益と幸福を求めて行動します。アニマルコミュニケーションは異種の生きもの同士が相互理解を深め、人と動物との絆を深めるための強力な手段となります。
 
6.アニマルコミュニケーションは、スピリチュアルレベル、魂レベル、精神的レベル、そして感情的レベルにおいて、当事者全員の幸福に大きな影響をもたらします。情報を受け取る能力や、先入観を持たずにコミュニケーションを行う能力が妨げられないように、自分の感情や個人的な信仰心、スピリチュアル的な価値観などを排除します。
 
7.アニマルコミュニケーションには、常に穏やかな心で臨みます。愛と思いやりを自分の道しるべとします。
 
8.動物たちとコミュニケーションをする前には、必ず飼い主の許可を得ます。たいていの人が、許可のないコミュニケーションを、自分のプライバシーや領分の侵害だと考えることを理解します。